粘膜同士の接触で感染

日本にはありとあらゆる風俗店が存在しています。
その数多く存在している風俗店の中に、キャバクラのような水商売とオナクラのようなソフト風俗の間のような業種であるセクキャバというお店があるのです。
このセクキャバはセクシーキャバクラの略称であり、女性の身体に触ることは許されているのに射精までのサービスはないというようなお店になります。
いくら男性客の射精がサービス内容に含まれていないといえ、セクキャバでの性病リスクを心配する女性は少なくありません。
セクキャバの面接の際に聞いても、ヘルスと違ってソフトサービスだから安心と言われてしまうのがほとんどではないでしょうか。
正直な話、ネットを探してもセクキャバに関する性病リスクで詳しく解説している記事や情報はないのです。

とはいえ、セクキャバで働きたいと思う女性も少なからず存在はしていますので、ローリスクで高収入を掴むためには性病リスクについて正しい知識を身に付けておいたほうがいいに決まっているのです。
セクキャバや風俗のお仕事は、そのお仕事をするだけで性病になると考えている女性が多いのですが実際は少し違ってきます。
多くの女性が誤解していることに、性病というのは接触しただけで伝染るということなのです。
これはイマイチ正しい認識ではなく、正しくいうと性病は粘膜と粘膜が接触して初めて伝染る可能性が発生するということです。
もし、接触しただけで性病に感染するのであれば普通の生活をしているだけで誰もが性病にかかってしましますし、誰かと握手するのもNGですし、誰かとハグするのもNGになります。
もちろん、性病に感染している可能性のある人が赤ちゃんを抱っこするのもNGになってしまうのです。
上記にも記しました粘膜とは、濃い粘性の流体が粘液のことで、つまり手のひらや顔の表面の皮膚には通常はないものなのです。
性病に感染する流れというのは、まず性病を持ってる人と性交渉をし、性病の病原菌が相手に伝染ります。

そして、その性病が発症するか発症しないかとなり、それに関しては個人差によって変わってくるのです。
もし発症したら性交渉をした相手と同じような状態になり、発症しなかった場合でも体内に性病の病原菌が残ったままになることもあるのです。
要するに、必ず感染するわけでは決してありませんが、必ず感染しないわけでもありません。
1人と性交渉しただけなのに性病に感染する人もいれば、100人と性交渉しても全く性病に感染しない人もいるのです。
感染する個人差の程度については、人によって感染する可能性が高いか低いかなどは専門家でも分かりかねる問題でもあります。
そして、そもそもなぜ性病が発生したのかその起源なども実は解明されていないのです。